タミフルはインフルエンザa型に効力が高い

毎年大流行するインフルエンザは、発症してしまうとお仕事や学校を定められた期間お休みする必要があり、非常に厄介です。
症状も通常の風邪と比較した場合断然インフルエンザの方が重いといえ、本人はもちろんですが家族など周囲の方々も辛い思いをしてしまいます。
現在、インフルエンザの症状を治すための特効薬としてタミフルが多くの方に認知されており実際に使用されています。
しかし、タミフルが現在のように使用されるようになったのは2001年に吸入型のリレンザが保険適用になったことと時が同じです。
インフルエンザの治療に対してタミフルを使用することで回復が早い上に、中には肺炎や中耳炎といった合併症が減ったという方もいます。
すっかり一般的に認知度が高まったタミフルですが、誤解されている面もあります。
それは、タミフルはインフルエンザウイルスを消滅させる薬であると考えられていることです。
ところが、実際はインフルエンザウイルスが増殖してしまうことを抑えるための薬なのです。
タミフルは、発症後に可能な限り早く服用を始める必要があるのはこうした事が理由です。
このように、インフルエンザという症状に対して根本的に解決してくれる劇的な薬ではないと言える上に、タミフルを服用することにより短縮できる解熱時間は約1日です。
しかし、重症化してしまうリスクを下げたり症状に苦しむ辛い時間を短くできるのは重宝します。
またタミフルを使用する場合には、インフルエンザa型に効力が高いということを理解しておく必要があります。
b型には効力が低くインフルエンザa型には効力があるのです。
一方、リレンザはインフルエンザa型よりもb型に対し効力が高いとされています。