新型インフルエンザへの意識とタミフルでの治療方法

鹿児島県は畜産の盛んな県であることが知られており、全国的に有名な豚や鶏を飼育しています。畜産業を守っていく上で重要な観点になるのがそのブランドが確かな地位を守り続けられる状況を生み出すことであり、全国の人からの信頼を守り続けるということが重要でしょう。その際に必要な観点となるものの一つが新型インフルエンザへの対策です。豚や鶏が感染源となってインフルエンザが広まるということが知られるようになってきています。そのため、鹿児島県では新型インフルエンザが流行してしまった場合に人から人への感染による拡大を防ぐという考え方での対策行動計画を立てることが必要であると同時に、家畜を守ることや、感染した家畜が発生した際の対策についても十分に立てていかなければならない状況に立たされています。鹿児島県における鳥インフルエンザなどの発生はないものの周辺県や周辺諸国での発生は著しいことからその警戒のための情報発信が積極的に展開されてきています。一方、こういったインフルエンザに対してもタミフルは有効であると期待されており、個人のレベルでは予防の考え方と同時にタミフルによる治療方法についての理解をすることも必要とされてきています。タミフルによる治療方法では飲み始めたら五日間は飲み続けるということが重要であり、たとえ症状がなくなっても飲むのを中断してはなりません。それによってタミフル耐性ウイルスが出現してしまうリスクが高まるからであり、治療方法を誤るとタミフル耐性ウイルスが蔓延して厄介な事態になってしまう危険性があるのです。こういった教育活動を行うということも行政レベルでの仕事として求められているものとなっているのです。