タミフル脳症と高所からの飛び降り

タミフルはA型B型のインフルエンザウイルスに対して、体内でインフルエンザえウイルスを増やさないようにする薬です。
インフルエンザの症状がひどくなるのを抑え、症状が出ている時間を短くするものです。
インフルエンザの型を特定した後、48時間以内に飲まないと効果が期待できません。
インフルエンザは広まるのが早く、罹患する人数が増え、子供や高齢者、抵抗力の弱い人が死亡する場合があります。

インフルエンザでは脳症になることがあります。
脳内にはウイルスが検出されませんが、痙攣、意識障害、異常行動などを引き起こします。
インフルエンザの毒性は非常に強力で、免疫系が激しいダメージを受け、過剰な反応をするのです。
たとえば高所からの飛び降りがあります。
このような抑えられない衝動にかられ異常な行動をとります。
子供でもマンションの5階から飛び降りるなどの例が報告されています。
また大人の異常行動では、数人がかりで止めるのがやっとというほど強力になります。

タミフルを飲んだ人の中に、このような高所からの飛び降りや、強い衝動にかられた異常行動を起こす人がみられました。
また飲んでいない人にも脳症の異常行動が見られました。
厚生労働省は、タミフルの原則10代への使用を中止としました。
インフルエンザに感染した場合、脳症の危険性があるということから発病後48時間は一人にしないなどの注意が必要です。